金曜日の文具(第72回/べちょりさんのハンドレタリング本)

10月1日(土)、八文字屋本店文具売場にて、レタリング作家のbechori(べちょり)さんを講師に招き、モノラインレタリングワークショップを開催します!


【bechori モノラインレタリングWS | TONO&LIMS Ink Lab & Shimmer Bar】イベントの詳細はこちら

 

モノラインレタリングとは、均一の太さの一本線で文字を書くこと。
(mono「ひとつの」+ line「線」)

シンプルに文字の骨格を書いていくスタイルで、ハンドレタリングの基礎が詰まっており、初心者でもチェレンジしやすい書体です。

bechoriさんはレタリングの本も執筆されていて、八文字屋各店とOnlineStoreでも取り扱っています。

bechoriのカラフルハンドレタリング シンプルで美しい手描き文字レッスン

¥1,958 

レタリングの種類など基本的な知識に始まり、上達していくためのポイントや気をつけることを、ひとつひとつ順を追って丁寧に解説されています。

レタリングを華やかに演出する装飾や効果のつけかた、デザインに生かせる豊富なアイデアと実例も紹介。まずはこれ、という一冊。

 

bechoriのカラフルハンドレタリング ペンの使いわけでもっと広がる! 美しい手描き文字レッスン

¥1958

一冊目を踏襲しつつ、筆記具・画材の使い分けをフィーチャー。このペンを使えばこう書ける、あるいはこういう表現をしたいのならこのペン、といった切り口で構成されています。

まるまる一章が万年筆インクに割かれており、ガラスペンを使ったレタリングの解説など、インク沼住人の方におすすめ。

一冊目にはなかった日本語レタリングも掲載され、汎用性もアップ。

 

ペンとサインペン&ボールペンからはじめる まいにち使えるハンドレタリング

¥1,540 

カバーに写っているとおり、日記やメモ、ラベル、カード、アルバム、紙袋などの身近なアイテムを対象に、日常のシーンを彩る手書きテクニックをご紹介。

どこの家庭にもある文房具を使ったレタリング、ふんだんな練習スペースに、シーン・シーズンごとの作例と、実用的な一冊です。

前作に引き続き、ガラスペンとインクを使った日本語レタリングに加え、ハングルも追加。

 

どの本も、それ一冊でレタリングを基礎から学べる一方、それぞれが相互補完的な内容になっています。

また、bechoriさんの手書きに対する思いや、レタリングや万年筆インクとの出会い、練習する過程の実体験なども挿入されています。

だれしも最初からうまいわけではなかったし、楽しく真摯に練習すればだれもがbechoriさんのように書けるようになるかもしれないという、当たり前の事実に勇気づけられもする本です。

 

(文・写真 ナガオカ)

前の記事を見る

一覧を見る
金曜日の文具(第43回/mizutamaさんのかんたんマスキングテープの本)
金曜日の文具(第43回/mizutamaさんのかんたんマスキングテープの本)
mizutamaさんの新刊『手軽に楽しむ!暮らしに役立つ!かんたんマスキングテープの本』が入荷しました。 テープとしてもマーカーとしてもデコレーションとしても使えるマスキングテープ。その基本的な性質から、どんな幅や柄のものがあるのか...
Read More
金曜日の文具(第42回/扶桑社の文房具屋さん大賞2022)
金曜日の文具(第42回/扶桑社の文房具屋さん大賞2022)
今年の「文房具屋さん大賞」が入荷しています! 「文房具屋さん大賞」とは、その名の通り12社の文房具店が審査員となり、各メーカーから推薦のあった、この一年に発売された新作の文房具にそれぞれポイントをつけて決定する賞です。 「大賞」のほか...
Read More
金曜日の文具(第29回/ガラスペン盛りだくさん)
金曜日の文具(第29回/ガラスペン盛りだくさん)
八文字屋本店店頭、OnlineStoreともに、ガラスペンがいろいろと入荷しましたのでお知らせします! まずはオリジナル。「Fruits ガラスペン」に続く、「Kokeshi×八文字屋」の新作です。   くらげレースケーン(Kok...
Read More
1 / 9
1 / 9