沢野ひとし/イラストレーター・エッセイスト・絵本作家「『ジジイの文房具』を本にしたいと思っています」

万年筆を愛する方に、その出会いと魅力についてお話していただく「Life&Pen」。今回は、エッセイストとしても活躍されているイラストレーターの沢野ひとしさんです。

 

sawano1
職業:イラストレーター・エッセイスト
保有万年筆:約10本

60年代製のモンブランを愛用しています

万年筆を使うようになったのは、大学卒業後、就職した児童書出版社の社長の影響です。その人がモンブランやペリカンを使っているのを見て万年筆に憧れ、いろいろな万年筆を購入。学生時代に一番安いモンブランを使ったこともありましたが、書きづらい印象を受けました。日本語を書くには国産万年筆が適していると思っていた時期が長かった。

若い頃買ったモンブランがなぜ書きにくかったのか。万年筆には詳しくなかったのでその理由がわからなかったのですが、後年、ユーロボックス(銀座のアンティーク筆記具専門店)の藤井栄蔵さんに「昔といまのモンブランではペン先が違う」と教えてもらいました。

同店では、海外で買い付けたアンティーク万年筆などを藤井さんが修理して販売しています。藤井さんから60年代製の、イカペンと呼ばれるペン先のモンブランを購入しました。ペン先が実にやわらかくて書きやすかったことから60年代製のモンブランを何本買ったかわかりません。

sawano2

満寿屋の200字詰めの原稿用紙は60年代製の太字のモンブランで書いていました。とくに左側の金キャップ、赤い太軸のモンブランが好きです

僕のお気に入りは金キャップで、軸が太くて赤いモンブラン。軸が赤いモンブランは生産数が少なかったのか、ほとんど出回っていません。藤井さんに頼んでいますが、なかなか手にはできません。

筆が進むときは楽しいけど必死に書いています

以前はワープロで原稿を書いていましたが、うまく書き進められず、原稿用紙を使うことにしました。万年筆にインクを入れると原稿用紙が何枚書けるかがわかります。

当初、大きな400字詰めの原稿用紙を愛用していました。原稿を書いたら出版社にFAXしていたのですが、FAXを買い替えたら原稿用紙が入らなくなった。そのため原稿用紙を満寿屋の200字詰めに変えました。

現在使っているコクヨの400字詰めの原稿用紙は、この中字のモンブランで書くことが多いです

満寿屋のその原稿用紙はマス目が大きく、僕が好きな太字のモンブランで書くのに最適でした。

でも、200字詰めよりも400字詰めのほうが流れがつかみやすく、書きやすい。しっくりくるというか、原稿を書くリズムが400字詰めのほうが性に合っている。そう思い、コクヨの400字詰めの原稿用紙に改めました。

インクはモンブランとセーラー万年筆を持っています

ところが、その原稿用紙はマス目が小さく、太字のモンブランでは書きにくいため、中字のモンブランを使っています。インクはモンブランのブルーブラック。

万年筆は紙との相性もある。それも含めて何本かの万年筆を使い分ける面白さがあると思っています。

原稿を書いたり、イラストを描いて食べていくのは大変。イラストもそうだけど、必死に書いています。原稿書きは冷や汗の連続です。

万年筆などをペンケースに入れて保管しています

『ジジイの文房具』を書こうと思っています

アンティーク万年筆も現行モデルも、モンブランが時々出す記念モデルといろいろ集めてきましたが、いずれも友だちにあげたりしてほとんど手元に残っていません。たくさんあったギターも本も洋服も70代に入り大半を処分しました。

 

若い頃は部屋をものであふれさせるのが喜びでしたが、年齢と共に、ものに縛られない暮らしに方向転換。何が自分に必要なものなのかを考え、不要なものを処分してきました。

ものを置かないということは、決断力を鍛えること。そんな思いをまとめた『ジジイの片づけ』という本を2020年に出させていただきました。2022年11月、料理や弁当、調理道具との付き合い方などを書いた『ジジイの台所』(共に集英社)を上梓。

 

妻の父の形見分けにもらったモンブラン

次回は『ジジイの文房具』を出したいと考えています。年齢と共に力がなくなってきたこともあり、軽くて細い万年筆を握る機会が増えました。太軸の万年筆で書くときは、キャップを付けずに使います。

教員だった妻の父が愛用していた60年代製のモンブランを2本形見にもらいました。キャップが少し傷ついていたので藤井さんに修理してもらおうと思いましたが、「このまま使えるのでいいのでは」と言われ、直していません。とても使いやすくて気に入っています。

お気に入りの1本:モンブラン/60年代から70年代に作られたモデル

同じモデルを2本持っていて、1本は修理中。原稿用紙によって万年筆を使い分けていますが、いまはこのモンブランが気に入っています

PROFILE

沢野ひとし

イラストレーター・エッセイスト・絵本作家。登山好きで、山に関するエッセイも多い。『ジジイの台所』、『ジジイの片付け』(共に集英社)の他、『人生のことはすべて山に学んだ』、『山のごはん』(共に角川文庫)などがある。

(取材・文・撮影/中島茂信)

前の記事を見る

一覧を見る

次の記事を見る

金曜日の文具(第42回/扶桑社の文房具屋さん大賞2022)
金曜日の文具(第42回/扶桑社の文房具屋さん大賞2022)
今年の「文房具屋さん大賞」が入荷しています! 「文房具屋さん大賞」とは、その名の通り12社の文房具店が審査員となり、各メーカーから推薦のあった、この一年に発売された新作の文房具にそれぞれポイントをつけて決定する賞です。 「大賞」のほか...
Read More
福島槙子/文具プランナー「文房具を仕事にして365日幸せです」
福島槙子/文具プランナー「文房具を仕事にして365日幸せです」
 万年筆を愛する方に、その出会いと魅力についてお話していただく「Life&Pen」。第11回は、文具プランナーの福島槙子さんです。   職業:文具プランナー保有万年筆:80本 コレクターではなくユーザーとして文房具が好き 絵...
Read More
bechori(べちょり)/レタリング作家「手書き文字には尊さがあります」
bechori(べちょり)/レタリング作家「手書き文字には尊さがあります」
 万年筆を愛する方に、その出会いと魅力についてお話していただく「Life&Pen」。第9回は、レタリング作家のbechori(べちょり)さんです。   職業:レタリング作家保有万年筆:100本以上 フォントを手書きで再現した...
Read More
1 / 9
1 / 3
1 / 9