金曜日の文具(第38回/三菱鉛筆のユニボールワン限定クラシカルカラー)

三菱鉛筆の人気シリーズ、ゲルインクボールペン「uni-ballone」から限定色・3色セットが発売!

八文字屋本店文具売場にも入荷しています。



世界各地域のクラシカルな雰囲気を流行のくすみ色とパッケージデザインで表現。

左から、アップルガム色、グリーンカー色、デニムブルー色、ベージュロゼ色、ピーチカヌレ色、ブルーコロン色、キャラメル色、すみれ色、玉露色の9色展開です。



どの色も今では定番になりつつある人気のくすみ色になっています

そもそも、 「くすみカラー」とは一体どんなものなのか?

別名「ダスティカラー」とも言い、彩度が低く、くすみを含んだグレイッシュな色合いのことを指します。

ニュアンスカラーともよく言われる、落ち着いた色合いのことを「くすみカラー」と言いヘアカラーやファッションによく取り入れられ、大人っぽく落ち着いた雰囲気を演出することができます。

また、この9色をイメージごとに3色のグループに分けた商品もそれぞれセットで販売しています。

パッケージのデザインは、レトロなお菓子のパッケージをモチーフにしているとのこと。

左のアメリカンダイナーは、80〜90年代の米国の映画などで目にするレストランの店内の様子や、当時の車のような色味のセット(アップルガム色、グリーンカー色、デニムブルー色)。

中央のフレンチアンティークは、欧州の雑貨店や菓子店の店内の雰囲気をイメージしたセット(ピーチカヌレ色、ベージュロゼ色、ブルーコロン色)。

右のハイカラモダンは、日本の明治〜大正にかけての和洋折衷文化での着物や当時のお菓子の色をイメージしたセット。

ボール径は、単色は0.38mm、3色セットはそれぞれ0.38mmと0.5mm。価格は単色がそれぞれ132円。3色セットが396円です。

 

定番色で発売されている赤、青、緑の3色と、今回されたくすみカラー、アップルガム色、デニムブルー色、玉露色をそれぞれ比較してみました。

こうして比較してみると、どの色も定番色よりくすんでいることがより鮮明にわかります。

アップルガム色は、秋カラーの焼きリンゴよりは明るいリンゴといった感じの色味。

デニムブルー色は、本当にデニム!といった色。ファッションに取り入れやすく使いやすいデニムの色をそのままインクの色にした感じの色味です(語彙力なくてすみません・・・

玉露色は、深めの緑色。イメージ的には、抹茶よりも深い色味で、少し苦そうな和菓子のような色です。

みなさんはどのお色がお好みですか?

個人的には、3色セットのなかでも特に、ピーチカヌレ色・ベージュロゼ色・ブルーコロン色のセット、フレンチアンチィークがお気に入りです☺

 

この3色は3色セットのなかでも一番淡い色で優しい色味のセットとなっています。

控えめで落ち着いた色味なので、手帳にはもちろん、お手紙を書くときにも良いかなと思いました・・・!

個人的にはこんな色味のバッグや財布、服が欲しいな〜とこれを書きながら思ったり・・・

女性は好きな人が多いのではないでしょうか?

お気に入りの1セットを買ってみるのも良し、3セット全て揃えるのも良し。

こちらは八文字屋OnlineStoreと本店文具売場にて販売中です!是非お越しくださいませ♪

 

uni-ball one クラシカルカラー

¥396

 

 

そして、長らく品切れでした八文字屋オリジナル万年筆・樹氷アメジストが明日29日より再販いたします!

こちらも八文字屋OnlineStoreと本店文具売場での取扱いとなりますので、この機会にどうぞお求め下さいませ。

(文・写真 漆山)

1 / 9